上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
伊豆最大のイベント按針祭があっという間に終わってしまいました。
ボクにとって初の按針祭は、1年目で二度と経験できなそうなことが起こりました。

8月8日(1日目)では約2000個の灯籠が松川を彩り、たくさんの方々に感動を与え
フィナーレの花火を含めて5万人の方々が足を運んでくださいました。
8月9日(2日目)はなぎさ公園で全国8の太鼓チームで競われ、スペシャルゲストの演奏の際、真後ろで打上花火が打ち上げられるという他では見られないようなビックなイベントです。
が、降雨が予想され2年連続で今年も観光会館で行われました。
伊東市観光会館は各種大会、会議、研修会、展示会などに使われる場所で、
ホールには約1000人(正確には1007人)を収容できる、伊東市ではビッグなホールですが、
そこに約1500人もの方が来てくださり大盛況でした。
会場が代わってもそれに動じることもなく演奏できる太鼓チームの方々は普段の練習の成果をフルに出してくださりました。
20時50分からの花火は台風が接近していたこともあり、
あいにくの天候でしたが、花火に何の問題も無く
花火師の方々、雨の中ホントにお疲れ様でした。
8月10日(3日目)に行われる按針パレードは9日のうちに中止が決定し嫌な予感が続きました。、
朝からお客様からの花火の問い合わせが殺到し不安の声を生で聞き私どもとしては、花火のために伊東に来ていただいてるお客様のためにも何としても花火を打ち上げたかったのですが、
不安定な天候が続き、不安でお問合せいただいたお客様を余計不安にさせてしまい、
ホントにもうしわけなかったです。
午後になって台風が予想される中続行が決定した際には雨は少し降っていて、
そのときの天気予報の降水確率は80%でした

ホントに感動したんですけど、だれも諦めていませんでした。
ピンチの時に団結しあえるってかっこいいですね、
みんなの想いが天に伝わり奇跡的に花火の時間だけ雨が降りませんでした。
こんなことってあると思う?
伊東市は台風にも負けなかった
みなさまありがとうございました。

リアルに考えてみると、次の日(8月11日)午前5時に台風のなか震度6の大地震で静岡県は大惨事でした。こんなときに夜が晴てあっても花火大会ができるわけがないです。
10日に花火が打ち上げることができてホントに良かったです。

でも単純に晴れることが一番いいってことですね
来年は晴れることを願ってます。

22日に行われる箸まつりは、
10万本の箸供養灯
50発の手筒花火も見どころです。
お楽しみに~☆
スポンサーサイト
2009.08.17 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://itospa.blog76.fc2.com/tb.php/128-53e86216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。