上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「松川タライ乗り競走」が生まれたのは1956年(昭和31年)今年で55回目を迎えるわけですが、
当時、松川は大きなタライで洗濯している人は大勢いて
「これ(タライ)に人を乗せて松川を下ったらおもしろいのではないか?」というのがきっかけだそうです。
第1回目のタライ乗り競走(当時はタライ乗りレース)当初は出てがなく職員が参加していたとのこと…
ですがギャラリーは川沿い・橋の上とものすごい数の人で賑わっているのが分かりました。
(ホントは写真を掲載したいのですが…データではありません。)

これは実際に聞いた話なのですが…
当時、観光協会でタライは保有してなく…職員が市内の宿泊施設をトラックで周り、
すべて借り物で実施していたそうです。

たくさんの苦労や協力があって今に至ると思うと感動的で…が出ますね

現在ではスタートとゴールにFAXが設置されたり、クレーンで吊り上げ軽トラックに乗せて運搬するなど
多少便利なツールは導入されましたが
イベント自体は変わらずにずっと受け継がれてきました。
今年も200名近い人数の方々が参加いたします。
ぜひこの歴史あるイベントに足を運んでみてください。

余談ですが…先日、取材でタライに乗せてもらいました。
バランス力には自信があったのですが、それも束の間
重心をかけるところが分からず…かなり梃摺り、カイなど使う余裕がなく
川に流されるまま、流されました。笑
なんとか転覆事故は起きませんでしたが…
このスリルは病み付きになりますね☆
スポンサーサイト
2010.06.23 Wed l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。